Tips6「褥瘡外用薬の比較」

【褥瘡外用薬の比較】

(吸水性)
ユーパスタ>ヨードコート>カデックス

(ヨウ素の放出性)
カデックス>ヨードコート>ユーパスタ

「褥瘡外用療法のキホン」より

 

ヨード製剤はいくつかの種類がありますが、その使い分けはあまり習いません。

吸水性とヨウ素の放出性(抗菌力)から分類してみました。

吸水性ならユーパスタ、抗菌力ならカデックスが優れているようです。

 

Tips7「局所麻酔薬の比較」

【局所麻酔薬の比較】

(強さ:分配係数)キシロカイン>カルボカイン

(持続時間:蛋白結合率)カルボカイン>キシロカイン

(効果発現の速さ:pKa)カルボカイン>キシロカイン

 

「PEPARS 127:  p1, 2017」より

 

日常的に頻用する局所麻酔薬ですが、それぞれどのように違うのかを論文から紹介しました。

 

Tips8「本当の局麻アレルギーは少ない?」

【局麻アレルギー疑い患者の皮膚テスト結果】

  • 皮膚テスト陽性15%
  • 皮膚テスト陰性75%

おそらく局麻アレルギー疑いのほとんどは迷走神経反射

 

「アレルギー 58(6): 657, 2009.」より

 

局麻アレルギーの既往がある方は多いですが、その多くが迷走神経反射のようです。

 

Tips9「キシロカインアレルギーには2種類ある」

  • キシロカイン(Eなし)→防腐剤なし
  • キシロカイン(E入り)→防腐剤含有

キシロカイン(エピネフリン入り)のアレルギーには「キシロカインによるもの」と「添加の防腐剤によるもの」の2種類がある。

「アレルギー 58(6): 657, 2009」より

 

エピネフリン入りのキシロカインには防腐剤が含まれており、キシロカインアレルギーの中には防腐剤に対するアレルギーの方がいるようです。

防腐剤アレルギーであれば、防腐剤の入っていないエピネフリンの使用が可能です。

 

Tips10「軟部腫瘍生検の注意」

【軟部腫瘍生検の注意】

  • 不適切な生検で3%の患者が患肢切断
  • 画像診断なしに切除を行うことは慎む
  • なるべく針生検
  • 切開生検は四肢長軸に沿って皮切
  • 縫合針はなるべく幅を狭く掛ける
  • 腫瘍を貫いてはいけない

「軟部腫瘍診療ガイドライン」より

 

皮膚科では軟部腫瘍の取り扱い方について詳しく習うことは少ないですが、厳密なルールがあります。安易に切除することは慎む必要があります。

詳細はこちら>>軟部腫瘍の考え方「しこりをみたらどう考える?」

皮膚科の豆知識100