皮膚の診察はとっつきにくく、苦手な方が多いと思います。

そこで今回は初心者のために、簡単な皮疹のみかたを解説します。

わかりやすく簡略化したものなので、上級者が読むと違った意見もあるかと思いますがご容赦ください。

 

まずAとBの紅斑がどう違うかわかるでしょうか。

皮膚科の勉強法の図

 

この違いが皮膚科診察のキーポイントになります。

 

答えは

「Aの表面はざらざらしている。一方Bの表面はツルツルしている。」

です。

 

表面の性状から何がわかるか?

この違いは病理組織学的に説明することができます。

皮膚は3層に分かれていて、外側から表皮、真皮、皮下組織と呼びます。

 

Aの表面がざらざらしているのは、一番外側の「表皮」に病変があるからです。

Bは「表皮」に病変がないため、表面がつるつるしています。

皮疹の見方の図

つまり紅斑の表面の性状から、病変の深さがわかります。

 

紅斑の原因は?

そしてAをみたら湿疹、Bをみたら薬疹を主に疑います。

 

A:皮疹の原因が「体の外」から来た場合は、皮膚の外側(表皮)から変化が起こります(かぶれなど)。

湿疹の図

 

B:原因が「体の中」から来た場合は、皮膚の内側(真皮)から変化が起こります(薬疹など)。

薬疹の図

紅斑の表面の性状から病変の深さがわかり、深さから原因がある程度推測できるということです。

 

これは非常に大雑把な解説なので例外は多々ありますが、まず皮疹の表面に着目するのは大切です。

さらにA、Bそれぞれについて詳しく説明していきます。

 

A(表皮の病変)>>初心者のための皮疹の見かた「応用編①」

B(真皮の病変)>>初心者のための皮疹の見かた「応用編②」

 

▼Youtube版はこちら▼